トップ>ギャラリー川八

ギャラリー川八

こて絵美術館ご紹介

☆しっくい工芸館【ギャラリー川八】&☆流木と廃材工房【ギャラリー木偶の坊】
平成20年11月吉日、 ☆しっくい工芸館【ギャラリー川八】& ☆流木と廃材工房【ギャラリー木偶の坊】としてオープンしました。

☆鏝細工の、しっくい工芸作品&
木の素朴さを生かした作品を1F展示室に常設展示して入館者の目を楽しませております。

☆【こて絵美術館】
平成9年9月、高野工芸館【川八こて絵美術館】として開館しました。
平成20年11月吉日、【こて絵美術館】としてリニアルオープンしました。
漆喰鏝絵作品、約100点を展示しております。
漆喰こて絵、漆喰塑像(そぞう)、漆喰家紋等の
作品を2階展示室に常設展示して入館者の目
を楽しませております。

☆【こて絵展示作品】
*【漆喰鏝絵】(こてえ)鏝を使用しての肉付け工法。
立体的の厚肉付け、薄肉付けに仕上げます。
*【漆喰塑像】彫塑とも言われる立体工法。 小さな置 物、大きな据付の置物として仕上げられます。
*【漆喰家紋】 一般には現場施工されます。
家の家紋として鏝仕上げられします。
*【漆喰文字】漆喰による、立体肉付け工法。
仕上げには虫食い工法、金彩重ね、拭き取り工法
等、工夫されております。

☆開館のご案内


 ☆1F 流木と廃材工房【木偶の坊】
☆1F 【ギャラリー川八】
開館時間 AM10:00?PM4:00
☆1F  入場料無料
休館日 毎週火曜日

☆2F 【こて絵美術館】 入館料 大人250円
休館日 毎週火曜日


☆【川八】下田駅から車で約15分です。


こて絵とは!

☆漆喰鏝絵(しっくいこてえ)
なまこ壁に使う漆喰を素材としてこてで、漆喰を肉付けして立体的に盛り付け、絵の具で色彩をします。漆喰に顔料を混ぜて肉付けする方法もあります。この技法を漆喰こて絵といいます。立体的漆喰工法の立像等が漆喰塑像、漆喰彫塑といわれております。


☆漆喰塑像(しつくいそぞう)
伝統的、日本風土に最適と云われてきた漆喰壁工法が建築から影をひそめ殆ど使われなくなったことは、施工上、手間のかかるため敬遠され、いた仕方ないとしても、酸化を防ぎ殺菌力、適度の保温保湿から、石灰質の漆喰壁に勝るものは無いと云われてるだけに惜しい感がします。

漆喰の家紋

☆ 【 丸に剣片喰 】
☆漆喰家紋【丸に剣片喰】まるにけんかたばみです。
漆喰の肉付けに依る立体工法で、厚肉に盛り上げた立体の家紋作品です。
☆ 【 丸に山桜 】
☆漆喰家紋【丸に山桜】まるにやまざくらです。
漆喰の肉付けに依る立体工法で、厚肉に盛り上げた立体の家紋作品です。

川八こて絵美術館

☆1F【ギャラリー川八】11月吉日オープン予定